バヌアツ共和国は打ち出している投資サービス。


□バヌアツ共和国は打ち出している投資サービス。

バヌアツ共和国の外国人投資家向けのサービスという話を何度か書いていますがこの国はたぶん世界で一番すごいサービスを提供しています。

投資金額は US ドルで15万ドルをバヌアツ共和国に寄付をすると、バヌアツ共和国のパスポートがもらえる、そして新しい名前でパスポートを作ることができます。

またその新しいパスポートをもらってそのパスポートの名前から出資者としてバヌアツ共和国に会社も設立することができます。

当然バヌアツ共和国のパスポートを持っていますのでバヌアツ共和国の国民としてバヌアツ共和国に会社を作ることができます。

金融規制が非常に自由ですからありとあらゆる金融サービスの企業を作ることができます。

プライベートバンクや場合によっては銀行までも出資金額にもよりますが作ることが外出して可能です。

これは外国人投資家で巨額な資産を持って分散管理したい人にとっては考えられないようなサービスです。

バヌアツ共和国はイギリス連邦の国に属しておりますのでパスポートは当然イギリス連邦のものとなり140か国以上の国がノービザで渡航できます。

またはバヌアツ共和国でパスポートを取得してそのパスポートを持ってバヌアツの国民登録がされますので、無犯罪証明もう出すことができます。

バヌアツ国民として他の国に投資をして法人を作ることができます。

この自由度のある制度というのは世界的に考えてもこの国だけかと思います。

しかも、このバヌアツ共和国への寄付をして国籍を付与するプログラムに参加するということは簡単に言えば一度 米ドルで15万ドルの寄付をバヌアツ共和国に一度すればそれから一生税金を支払わなくても大丈夫だという制度になります。

日本では、二重国籍を認めておりませんのでこの制度を使うという風になれば日本国籍が自動的に消滅することにはなります。

とはいえ、国籍に関することというのは本人の自己申告という風になっておりますので、この話は微妙な部分もあります。

究極に言えば、バヌアツ共和国に米ドルで15万ドルを寄付すれば完全に別の人物になれるということです。

出生証明から名前から全て別の名前で登録することになります。

これある意味アバターみたいな感じですごいと思いませんか。

イギリス連邦が関係する小さい島国は世界中にありますがその中でも群を抜いて凄いサービスをしているのがバヌアツ共和国だと思います。

弊社の香港法人はドイツの海外投資会社の代理店として世界各国の移民ビザや投資ビザの申請のサポートを行っておりますが世界各国の外国人投資家向けのサービスについて資料を拝見しますがここまでやりきっている国はバヌアツだけだと思います。

他の国はだいたい国の債権を買ったり不動産を買えば永住権がもらえるというのが一般的です。

国籍はもらおうとなればやはり一定の期間の色々な条件を満たさなければ国籍を変えることはできませんしまたある一定の期間の居住するという条件もあります。

バランス共和国の申請は実はご本人がバヌアツ共和国に行かなくても私どもの代理店が行なっているバヌアツ共和国の支店が書類を郵送で確認でき振込さえできれば本人が行かなくてもこの寄付プログラムが実行できます。

特に今コロナで移動できない時期ですから郵送だけでバヌアツ共和国に寄付するだけで国籍がもらえ新しい名前また新しい身分がもらえるというのはこれは考えられないようなサービスを提供しています。

これは弊社の香港法人が行なっている案件ですが香港法人も基本的にはキャピタルゲインに対しては非課税また海外で稼いだ資金に関しては非課税という制度を行っていますので香港だけで商売すると16.5%の税金かかります。

しかし、外国との商売で例えば三国間貿易のような形で資金の入金だけは、香港を使って実際の製造、出荷は第三国を使えば香港における売上は非課税となります。

このような制度を用いているのはシンガポールやその他いろいろな国や地域が行なっています。

しかし、郵送と振込だけで国籍からそこから一生税金を払わなくていいという制度を行ってるのは世界中見てもバヌアツ共和国だけだと思います。

ということでバヌアツ共和国

日本ではバヌアツと言えば地震があれば日本でも地震が起こると言われているバヌアツの法則というのが有名です。

あまり外には知られていませんが世界最高レベルの金融特区であるということが言えます。