月別アーカイブ: 2016年2月

何がタックスヘイブン制度なんだ?

わかるようでわからない制度が、「タックスヘイブン」と言われる制度、香港にも税金は存在する。しかし、課税の対象にならない場合があるのである。

 

別に、これは、香港だけではない制度であるが、

 

基本的にはタックスヘイブン制度は、外国から外国へ送金する際に、香港を経由しても、香港では課税されないという制度である。海外送金の中継には、課税されないという制度である。

 

すなわち、

 

○国→香港→△国 への国際送金の際、

香港の銀行口座では、送金金額に対して課税ししないという制度である。

ただ、それだけであるが、

三国間貿易というのは、資金の流れを三国間にして、物流は、生産国と買い手の国とで行う貿易のことである。

物流の経由もしても課税の対象にはなりません。

 

という制度

 

頭使えば、いろいろビジネスモデルを考えられますよね。

香港の金融制度はいい

香港の金融制度はいい

 

香港でビジネスしている人は、香港の金融制度の良さは十分わかっていると思います。

強いて言うなら、香港は、金融天国です。

 

しかし、これは、香港は、外国と商売して儲けられる人だけの特権であることが言えます。外国から外貨を稼げない人は、その特権を味わうことができません。

 

すなわち、普通に香港市内で商売して利益が出れば、当然、利得税という16.5%の課税対象になります。

 

香港の良さは、外国と商売ができて外貨が稼げる人に特権があるということをお伝えしておきます。

ここは、外貨を稼げる人を募集している地域といえるのでしょう。

最近の香港を見て・・・

香港は、国際金融都市として発展しています。私も、この街を何度も訪問していますが、非常にエネルギッシュで好きな街の一つです。先日、デモ隊との衝突が報道されていました。やはり、景気が悪化しているのでしょうか?

 

昨年の年末にも訪れた際には、街には、中国人観光客が減っているなぁという印象がありました。

昨年、広東省のシンクタンクの方と話をした際にも、中国大陸からの香港観光ブームの際に、香港のサービスのクオリティーを落としてしまい中国人観光客のブームが去ってしまったという話をしていました。

 

私の個人的な意見として、確かに、料理はおいしいですが、サービスが格段いいのかといえば、それは言い切れない部分があるのでしょうね。それと、物価、日本より随分、高いですよね。

 

あの物価を考えれば、日本旅行がはやるのが理解できます。また、日本の旅行で日本製品ファンが増加していることも重要なポイントです。

 

実は、日本製品は、香港では売れるのです。安くていいという評判ですね。 その辺も考えればビジネスチャンスがあります。

初回のブログをスタート

香港・上海ビジネスのサイトをご覧いただきありがとうございます。本日から、香港・上海についてのビジネス情報およびニュースサイト、また、個人的意見を述べるコラム等をいろいろ書いていきたいと思っています。

 

基本的には、日中友好促進のためのブログだとお考えください。理解すれば、意外と面白い、海外ビジネスについていろいろ書いていきたいと思います。