• 月. 7月 15th, 2024

中国一帯一路コンサルティングー事業性公共投資プロジェクト募集(対象全世界)|HONG KONG JCBO LIMITED

HONG KONG JCBO LIMITED|China Railway Group Support Project (Shanghai)|TEL +852-58197092(香港):03-4590-3020(東京)080-3114-9288(日本携帯)

最近人気

Home

全世界対象で事業性 公共投資 プロジェクトの情報をお待ちしております!

 ブログをご覧いただきありがとうございます。

 このサイトでは中国 一帯一路に関する様々な情報をブログ形式で書いて提供しております 当方は中国の最大 インフラ開発企業のチャイナ レールウェイ グループにおいて事業性 公共インフラにおけるコンサルティング業務を行っております。

当方が行っているコンサルティングというのは グローバル サウスと言われている国々が現在 様々なインフラ開発や公共事業を行うということで プロジェクトを立ち上げていると思います。 そのようなプロジェクトを検索し 企業として 事業性 公共 投資プロジェクトに参入する価値があればどんどん 参入していくという計画で様々な政府と交渉しております。

政府が計画している高速道路事業や鉄道事業 そして 水道事業 やエネルギー事業 電力事業 や 都市開発事業など様々な公共投資 プロジェクトが存在しますが そのようなプロジェクトで事業性 公共投資 プロジェクトとしての長期収益性が見込めるようなプロジェクトに積極的に参加するというのが 当コンサルティングの主たる目的となります。

従って 各国政府でまだ未完成である事業性 公共 投資プロジェクトにおいて 海外企業の募集を行っている場合には当方にご連絡いただければ 内容を吟味し チャイナ レール上 グループとして投資する価値があるのか また 建設することができるかなどの内容を確認し 政府からのインビテーションレター 等がいただければ交渉のテーブルに乗るということになります。

つまり これは 中国 一帯一路を推進する上で中国最大のインフラ開発企業が行う 海外展開 プロジェクトということになり、このプロジェクトに関しては 企業としての事業 投資を行うということですから当然 収益性が見込める事業でなければいけないということになります。 この支援は無償援助ではございませんが 公共事業 投資プロジェクトに対しては自ら企業として投資をし、スーパーゼネコンとして建設を行い そして運用に至るまで 全てを一貫して行うということでの収益モデルにより積極的な投資を行うということになります。

 

政府によっては 官民パートナーシップ つまり PPP における投資を求めている 政府などもございますのでそのようなパターンであったとしても 柔軟に対応いたしますのでそのようなプロジェクトがあれば是非お声掛けください。 当方で内容を確認し 実現可能なモデルでありそうであれば 積極的な投資を行っていくということになります。

基本的には長期運用における収益の回収をベースとした ビジネスモデルとなりますので短期のモデルでの投資ではありません。 ある一定の長期間投資した公共インフラに対しては 自ら 運営に参画することになります。官民パートナーシップとして行う場合にしても積極的に公共投資を行い 事業の運営に携わっていくことになります。 各国政府は様々な 官民パートナーシップにおける取引条件があるかと思いますが そのような取引における 条件等を提示していただき 当方としては受け入れ可能であれば しっかりと 吟味して 対応していくことになります。

 

 そのような事業性 公共投資 プロジェクトをお持ちの 政府及び関係者の方々からのご連絡をお待ちしております。 

Posts List

中国 一帯一路 コンサルタントが説明する BRICs の拡大 つまり 新しい世界秩序が生まれつつあるという話を説明しています。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する今世界はブロック化している中で あなたはどのようにして生きていくか ということについて話してます。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する 今はまさに世界の転換期である可能性が大きいということを説明しています。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する 一帯一路における事業性 公共投資 プロジェクト というのはこれは 公共サービスを提供する企業の海外進出におけるビジネスモデルである。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する なぜ中国企業が一帯一路の事業を行っているのか その実態について説明する。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する これからの時代 起こる世界の大転換と そしてその中で 日本という立場はどういう立場でいれば良いのかなどをこれから論じます。
中国 一帯一路 コンサルタントが解説する開発援助の世界という本当の世界は 安全保障の世界です。そのことを知らなければ本当の話かわからない。
中国 一帯一路のコンサルタントが説明する 途上国の人たちの本音の世界 そして通貨システムがどのように変わっていくか の説明をします。
中国 一帯一路のコンサルタントが説明する日本人が考える 公共事業と外国が考える 公共事業の概念は違うことを知らなければいけない。
中国 一帯一路 コンサルタントが説明する事業性 公共投資 プロジェクトとはどのような世界なのか これを理解できなければ1対1の世界は 全くわからない。
中国一帯一路コンサルタントが、BRICS通貨の現実に向かっているのを見て、これ、真面目に、大変革が来ると予感している。
中国一帯一路のコンサルタントがリアルに説明する安全保障と通貨の世界、そしてグローバルサウスの政治家が求めている世界
中国一帯一路のコンサルが説明するBRICSがなぜ別世界に行こうしているのか?理由は、その背景は?
中国一帯一路のコンサルタントが説明する新通貨システムの世界、日本人の大半が気づいていない世界の変革
中国一帯一路のコンサルタントが説明する一帯一路における事業性公共投資におけるビジネスの世界について解説
中国 一帯一路 の コンサルタントとしてのリアルな話 これはジャパンクオリティとチャイナクオリティの世界の話。
中国 一帯一路 リアルに コンサルティングする人物が語る中国 ビジネスという見方
中国 一帯一路 をリアルに コンサルティングする金融政策から見る中国に期待すること
一帯一路 における事業リアルに コンサルタントをする
(一帯一路)リアル成功させるためにどうすれば実現できるか、実務を行っている。
(一帯一路)リアルな現場とコンサルとしての仕事(中国と英語オンリーの世界)
(一帯一路)各国の事業性公共投資プロジェクトのリアル
(一帯一路)中国企業グループと世界の政府プロジェクトをつなぐコンサル事業(事業性投資事業)を推進している立場として
リアルな一帯一路のコンサルの仕事をしていると日本語は仕事に必要ない
香港法人の設立

香港 上海 ビズ- 中国 一帯一路 コンサルタントが運営するサイトです。

中国 ビジネス歴30年 大学時代から中国に関心があり 中国上海に留学した後に 2004年に上海で貿易会社を創業しました その後 中国貿易は 中国進出 そして日本と中国との企業のマッチングなど長年 中国との関係で ビジネスを行ってきました。 現在 中国最大手のインフラ開発企業である チャイナ レールウェイ グループにおいて 一帯一路 海外展開 プロジェクトにおけるコンサルタントとして 業務を行っております。

グローバル サウスの国を中心として 世界各国の事業性 公共投資 プロジェクトを検索し 事業性 収益として投資の価値がある公共プロジェクトに対して投資を行い 建設及び運用を行いながら 資金回収をするというモデルで一帯一路 の世界展開を支援しています。 中国における一帯一路のプロジェクト というのは政府が主導するモデルと中国の企業が行う 一帯一路というものも存在しており 当方では中国の最大手企業による一帯一路のプロジェクトとして世界の 事業性投資 プロジェクトに参入するコンサルティング事業を行っています。

 

公共投資事業として行う公共交通網 高速道路や鉄道網の整備 また中国高速鉄道 など 様々なインフラ開発事業を支援します。 空港、港湾整備、不動産開発 や 都市開発 上水道における水道事業及びエネルギー開発事業 電力やガス その他 再生可能エネルギーなどのプロジェクトに積極的に投資をし 自らの グループ企業によって建設を行い 運用まで行っております。

 

そのような事業モデルをグローバル サウスの国々を中心に世界各国で展開しておりますので 事業性 公共投資 プロジェクトで実現できていないようなプロジェクトがあればご相談いただければ提案することはできます。

中国 一帯一路 コンサルタントの紹介  小谷 学

本サイトの運営者で本サイトの 執筆者でもあります。 1973年生まれ 和歌山県出身高校までは 和歌山で過ごし 大学で東京に上京 東京の某国立大学で 航海学を学び 外航船の船乗りになろうと考えた時期もありましたが その後 中国に関心を持ち上海の大学に留学、日系企業で働いた後に 2004年に上海で貿易会社を創業しました。

中国貿易は中国 ビジネスの専門家として事業家として事業を行いながら 学術的には中国最高学府である 北京大学でエグゼクティブ MBA の講師として日中間 貿易に関する講義を行ったこともあります。その他 海外の様々な国家 政府との付き合いなどもあり 開発援助に関する様々なプログラムを支援する業務を行っております。 現在 中国の最大手 インフラ開発企業である チャイナールウェイのグループ企業のコンサルタントとして海外における事業性 公共投資 プロジェクトに関するコンサルティングを行っております。 中国貿易や中国 ビジネスの専門家 そして 国際開発事業のコンサルタントとして現在 業務を行っております。

QRコード 連絡先 KOTANI MANABU|小谷 学